山口県の酒蔵「12蔵」がタッグ! 源氏物語がテーマの日本酒&リキュール『ひかる- Hikaru』

わたしの家飲みスタイル 日本酒 “PICKUP”
山口県の酒蔵「12蔵」がタッグ! 源氏物語がテーマの日本酒&リキュール『ひかる- Hikaru』
家飲み編集部

エディター

家飲み編集部

2022年10月20日、株式会社海琳堂より、山口県の酒蔵12社が参加した大規模なプロジェクトが発表されました。
その名は『ひかる – Hikaru』です!

日本酒を中心とした全12商品が2022年10月26日より販売。
そんな「ひかる」の特徴から、商品の購入方法までをご紹介します!

①「ひかる – Hikaru」とは?

ひかるは、山口県の酒蔵による大型プロジェクト。
複数の酒蔵が集まり、一つのブランドを形成します。

初回は山口県内から12もの酒蔵が集まり、個性豊かな日本酒10種と、梅酒柚子リキュールの各1本、計12本のシリーズ商品となりました!

国内は勿論、海外にも輸出。
近年は特に人気の酒蔵を輩出。勢いのある山口県の日本酒を世界中に広めようという目的で展開しています。

②山口県のお酒の特徴

最近人気の酒蔵を次々に輩出している注目の酒処、山口県。

新しくチャレンジングな蔵が人気を集める一方で、地元に根付いた200年以上の老舗蔵もたくさんあります。

山口県のお酒は「淡麗旨口」と称されることがありあます。
県の3方向が海になっていて、有名なフグ以外の海産物も超美味!
それゆえお寿司、お刺身に合う酒質の日本酒が多くつくられるんです。

③「ひかる – Hikaru」名前の由来

「ひかる」は、最古の長編小説として世界で知名度の高い「源氏物語」の主人公、「光源氏(ひかるげんじ)」から。

それと同時に、山口県の多数の酒蔵が参加するプロジェクトとして「山口県を光らせる」という意味をかけ、「ひかる」と名付けられています。

また、この商品では『Discover YAMAGUCHI』として、山口県の再発見をメッセージとして発信しています。
酒蔵のある地域にはご当地グルメの他、景勝地や歴史建造物、幕末の偉人にまつわる土地などが数多く存在します。

旅行ついでに酒蔵めぐりなんて最高ですね。

④商品の特徴

平安時代の四季に寄り添った雅な色使い。
それを令和風にブラッシュアップした色彩のラベルは、源氏物語の雅な世界観をイメージしています。
更に、十二単など高貴な女性の装束に用いられた紋様をあしらっていて雰囲気抜群!

1本でも美しく鑑賞できるデザイン…。
それぞれの登場人物を想いながら飲めば、様々な意味で味わい深いひとときになりそうですね。
また複数の瓶を一列に並べると、そこには美しいグラデーションが生まれ、見た目にも鮮やかです。

⑤火鍋にもあう

海外戦略の一環として、火鍋のような辛い鍋にも合わせることのできるお酒を積極的にラインナップしました。
もちろん、チゲ鍋や他の辛い料理、他鍋料理、中華料理などに合わせても面白いシリーズです。

⑥県知事を表敬訪問

ひかるの販売にあたっては、山口県知事(村岡 嗣政知事)への表敬訪問が行われました!

https://www3.nhk.or.jp/lnews/yamaguchi/20221020/4060015145.html
(NHK NEWS WEB)

★「ひかる」販売ページ

ひかるは海琳堂の独占販売商品です。
詳細は以下のリンクよりご覧ください。

(公式通販)
https://www.kairindo.jp/SHOP/282062/295097/list.html

(Yahoo!ショッピング)
https://shopping.geocities.jp/kairindo/

★参加酒蔵の一覧

今回このプロジェクトに参加した酒蔵は、

阿武川の上流、水に恵まれた場所でお酒を醸す
岡崎酒造場 / 萩市
(銘柄:「長門峡」など)

しろうお漁で有名な姥倉運河近くで醸されるお酒
中村酒造株式会社 / 萩市
(銘柄:「宝船」など)

日本の四季とお酒の関係を大切に醸す
はつもみぢ / 周南市
(銘柄:「はつもみぢ」など)

伝統を重視し、地に足付けた酒づくりを行う
中島屋酒造場 / 周南市
(銘柄:「カネナカ」など)

瀬戸内の豊かな気候と伝統技術、若き杜氏の感性で醸す
山縣本店 / 周南市
(銘柄:「防長鶴」など)

数々の賞を獲得する注目の復活蔵
阿武の鶴酒造 / 阿武郡
(銘柄:「三好」など)

地元の酒米「穀良都」を使う希少な酒蔵
竹内酒造場 / 防府市
(銘柄:「錦世界」など)

新酒鑑評会金賞の山猿を醸し、ワイナリーも持つ
永山酒造 / 山陽小野田市
(銘柄:「山猿」など)

奥萩の自然。女性杜氏が伝統と新たな価値観で醸す
八千代酒造 / 萩市
(銘柄:「八千代」など)

俳人山頭火の名を冠し、日常の食中酒に合うお酒を醸す
金光酒造 / 山口市
(銘柄:「山頭火」など)

錦帯橋のかかる錦川の上流、自然と伝統、手造りにこだわった
村重酒造 / 岩国市
(銘柄:「村重」など)

「和醸良酒」を信条とし、良い環境が造るよりそうお酒を製造
岩崎酒造 / 萩市
(銘柄:「長陽福娘」など)

地域の共通ブランドとして、12もの酒蔵が参加するのは極めて異例。
「ひかる シリーズ」で、今後注目の山口県の酒蔵とその魅力を味わいましょう!

🌟

https://ienomi.tokyo/column/hikaru/

WRITERこの記事を書いた人

家飲み編集部

エディター

家飲み編集部

お酒が大好きなライター、アーティスト、編集者、イベンター、フードジャーナリスト、リカーショップスタッフなどなど、お酒を愛して止まない「イエノミスタ」が結成した「家飲み編集部」。それぞれの家飲みの風景や、お酒のセレクト、おつまりレシピなどをご紹介します!... もっとみる