【2021年 夏】微アル・ノンアルコールビール★21本レビュー&ランキング!

【2021年 夏】微アル・ノンアルコールビール★21本レビュー&ランキング!

今注目を浴びている、ノンアルコール・ローアルコールビール。
酒類提供が出来ないお店やお酒が飲めない方にとって、凄くありがたい存在です。

ビールメーカー各社は複数の商品を揃えており、コンビニやスーパーにも多く並んでいます。
どれを購入すべきか迷ってしまいますね。

そこで!

今回、総勢10名の「ノンアル飲料審査会」を結成。
ノンアルコールビール・ローアルコールビールを全て飲んだ上で採点レビュー、ランキングを決定しました。

[目次]

  1. 審査員紹介
  2. ●全21本飲み比べ!
    •  ①アサヒ ドライゼロ
    •  ②アサヒ ドライゼロフリー
    •  ③アサヒ ヘルシースタイル
    •  ④キリン 零ICHI(ゼロイチ)
    •  ⑤キリン パーフェクトフリー
    •  ⑥キリン カラダFREE
    •  ⑦キリン グリーンズフリー
    •  ⑧サントリー オールフリー
    •  ⑨サントリー からだを想うオールフリー
    •  ⑩サントリーオールフリーコラーゲンリッチ
    •  ⑪サントリー オールフリー ライムショット
    •  ⑫サッポロ プレミアム アルコールフリー
    •  ⑬サッポロ うまみ搾り
    •  ⑭日本ビール 龍馬1865
    •  ⑮日本ビール 龍馬レモン
    •  ⑯イオン バーリアル 3つのフリー
    •  ⑰アサヒ ビアリー
    •  ⑱アサヒ ビアリー 香るクラフト
    •  ⑲ヴェリタスブロイ(ドイツ)
    •  ⑳クラウスターラー(ドイツ)
    •  ㉑ビアー・デザミ
  3. ●ノンアルビール ランキング

●審査員紹介

今回、飲み比べに参加してくれたのは20代~50代の男女10名。

お酒やフード関係の仕事をされている方も多い、ノンアルビールに興味津々なメンバーです

アルコールをお求めの方はこちら↓

●全21種ノンアルビール紹介

それでは、審査員の評価を交え、ノンアルビールの紹介を行います。

評価方法は、全6項目を5点満点で投票。
味わいをチャートにしてご紹介します!

【① アサヒ ドライゼロ】

●成分(100ml当たり)
アルコール分(度数)0.00%
純アルコール量(g)0g
エネルギー0kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物0.4~1.4g
 糖質0g
 食物繊維0.4~1.4g
食塩相当量0~0.04g
プリン体*0~1.0mg
賞味期間12ヶ月

●原材料
食物繊維(米国製造又は仏国製造又は国内製造)、大豆ペプチド、ホップ/炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)

ノンアルコールビールで『5年連続売上No.1』のアサヒドライゼロ。
最もビールに近い味を目指し、スポーツシーンを想定してPRされている人気商品です。

スッキリしてて飲みやすい!

喉が渇いていたらゴクゴク行けそうな清涼感です。

評価を見ても、キレや麦の香り、苦みのバランスに長けていて、ドライ系のビールに近いことが分かります。

【② アサヒ ドライゼロフリー】

●成分(100ml当たり)
アルコール分(度数)0.00%
純アルコール量(g)0g
エネルギー0kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物0.4~1.5g
 糖質0g
 食物繊維0.4~1.5g
食塩相当量0.01~0.05g
プリン体0mg
賞味期間12ヶ月

●原材料名
食物繊維(難消化性デキストリン(米国製造)、大豆食物繊維)、ホップ/炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(ステビア)

アサヒ ドライゼロに「フリー」が追加された商品。
カロリー・糖質・プリン体・人工甘味料・アルコールと、
「5つのゼロ」を謳っています。

薄いスーパードライのような感じです

「ドライゼロ」に比べてキレや苦みに欠け、まとまりをなくした印象。
やはり健康的になるほど、味のバランスを保つのが難しいようです。

【③ アサヒ ヘルシースタイル】

●成分(1本350ml当たり)
アルコール分(度数)0.0%
純アルコール量(g)0g
エネルギー0kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物5.6g
糖質0g
食物繊維5.6g
食塩相当量0.01~0.10g
機能性関与成分:難消化性デキストリン(食物繊維として)5g

●原材料名
食物繊維(難消化性デキストリン)(米国製造)、大豆ペプチド、ホップ/炭酸、香料、安定剤(大豆多糖類)、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)

CMをよく目にするヘルシースタイル。
より健康色を強くし、特定保健用食品(食後の血中中性脂肪の上昇を穏やかにする)の許可を受けています。

スッキリ。苦みが若干強めです

「ビールを控えてダイエットを…」と考える人がターゲットの商品としては良さそうです。

【④ キリン 零ICHI(ゼロイチ)】

●成分(100mlあたり)
アルコール分(%)0.00
純アルコール量(g)0
エネルギー(kcal)9
たんぱく質(g)0.1
脂質(g)0
炭水化物(g)2.2
 -糖質(g)2.0
 -食物繊維(g)0~0.3
食塩相当量(g)0~0.02
その他の表示成分プリン体 0-2.3mg
プリン体*(mg)0~2.3
賞味期限12カ月

●原材料名
麦芽(外国製造)、水あめ、食物繊維、米発酵エキス、ホップ/炭酸、香料、酸味料、調味料(アミノ酸)、乳化剤

キリンビールが「傑作」と胸を張るゼロイチ。
ビールでも取られている一番搾り製法を使用しています。

香りは良い。含んだ時の麦感がもうひとつ

バランスが良く、華やかな印象のノンアル。
人によっては物足りない印象もありそうです。

【⑤ キリン パーフェクトフリー】

●成分(350ml当たり)
アルコール分(%)0.00
純アルコール量(g)0
エネルギー(kcal)0
たんぱく質(g)0~0.7
脂質(g)0
炭水化物(g)5.6
-糖質(g)0
-糖類(g)0
-食物繊維(g)
5.6食塩相当量(g)0~0.1
その他の表示成分機能性関与成分 難消化性デキストリン(食物繊維として) 5gプリン体*(mg)0(/100ml)

●原材料名
難消化性デキストリン(食物繊維)(韓国製造)、大豆たんぱく、ぶどう糖果糖液糖、ホップ、米発酵エキス/炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK)

機能性表示食品(脂肪の吸収を抑える・糖の吸収をおだやかにする)のパーフェクトフリー。
カロリー・糖類・アルコールの3つのフリーと合わせて、健康色の強い商品です。

麦感があってビールらしい。少し薄い?


苦味・酸味があり、スッキリしています。食事と共に飲む健康飲料としては十分ではないでしょうか。

【⑥ キリン カラダフリー】

●成分(350ml当たり)
アルコール分(%)0.00
純アルコール量(g)0
エネルギー(kcal)0
たんぱく質(g)0.4
脂質(g)0
炭水化物(g)7.0
-糖質(g)1.7
-糖類(g)0
-食物繊維(g)5.3
食塩相当量(g)0~0.1
その他の表示成分
プリン体 0mg/100ml、機能性関与成分熟成ホップ由来苦味酸 35mg/350ml
プリン体*(mg)0(/100ml)

●原材料名
難消化性デキストリン(食物繊維)(韓国製造)、熟成ホップエキス、ぶどう糖果糖液糖、大豆たんぱく、米発酵エキス/炭酸、酸味料、香料、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK)、苦味料

こちらも機能性表示食品。おなか周りの脂肪を減らす効果が期待できるそうです。
カロリー・糖類・プリン体の「3つのゼロ」と合わせ、ダイエット飲料の色が強いノンアルビールとなっています。

いい香りがする。一口目は美味しいです。

酸味、酸っぱさが少し目立ったようです。
脂肪を減らすという「熟成ホップ」が原因なのでしょうか?

【⑦ キリン グリーンズフリー】

●成分(100mlあたり)
エネルギー 9kcal
たんぱく質 0.1g
脂質 0g
炭水化物 2.2g (糖質 2.1g、食物繊維 0~0.1g)
食塩相当量 0~0.02g
プリン体 0~3.2mg

●原材料
麦芽(外国製造)、大麦、米発酵エキス、ホップ/炭酸

「ノンアルをおいしいと初めて思った」
という攻めたキャッチコピーのグリーンズフリー。
オーガニックな原材料にこだわった商品です。

変なクセがなくて飲みやすいです

麦の香りと、キレの良さで、おおむね高評価でした。
やはり余計な成分や原材料がない方が飲み口が良いのかもしれません。

【⑧ サントリー オールフリー】

●成分・特性(100mlあたり)
エネルギー0kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物0g
 -糖質0g
 -食物繊維0~0.1g
食塩相当量0~0.02g
プリン体0mg
賞味期限9カ月

●原材料名
麦芽(外国製造)、ホップ/炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、ビタミンC、苦味料、甘味料(アセスルファムK)

カロリー・糖質・プリン体 ゼロで話題となったサントリーのオールフリー。
健康系ノンアルビールの代表格と言っても良いかもしれません。

苦みや酸味があるけどバランスはいいね

とてもバランスよく、華やかな香りを楽しめる。
この安定感が、高い売り上げの人気商品である理由かもしれません。

【⑨ サントリー からだを想うオールフリー】

●成分 (350mlあたり)
エネルギー 0kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物0g
 -糖質0g
 -食物繊維0~0.4g
食塩相当量0~0.07g
プリン体(100mlあたり) 0mg
ローズヒップ由来ティリロサイド(350mlあたり) 0.1mg

●原材料名
麦芽(外国製造)、ローズヒップエキス末、ホップ/炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、ビタミンC、苦味料、甘味料(アセスルファムK)

コンビニでもよく見かける、からだを想うオールフリー。
機能性表示食品で、内臓脂肪を減らす効果が期待できるそうです。

バランスが良い。尖ったところがない感じですね

評価が分かれる商品でした。
ダメな人はダメ…。でも、体に良い系ではこれが一番美味しいという声もありました。

【⑩ サントリー オールフリー コラーゲンリッチ】

●成分100mlあたり
エネルギー0kcal
たんぱく質0.5~0.8g
脂質0g
炭水化物0g
-糖質0g
-食物繊維0~0.1g
食塩相当量0~0.02g
プリン体0mg
コラーゲン(350mlあたり)2000mg

●原材料
コラーゲンペプチド(ゼラチンを含む、国内製造)、麦芽、ホップ/炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、ビタミンC、苦味料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

オールフリーのコラーゲンリッチ。
女性をターゲットにした、新しいタイプの健康系ですね。

甘さ、とろみがある? やさしい味

美容アプローチのコラーゲンですが、いい具合にとろみや甘みを作り出しているようです。
女性以外でも十分楽しめそうな印象でした。

【⑪ サントリー オールフリー ライムショット】

●成分100mlあたり
エネルギー0kcal
たんぱく質)0g
脂質0g
炭水化物0g
-糖質0g
-食物繊維0~0.1g
食塩相当量0~0.02g
プリン体0mg

●原材料
麦芽(外国製造)、ホップ/炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、ビタミンC、苦味料、甘味料(アセスルファムK)

ライムを絞ったような爽快系ノンアル。
“絞ったような”ということで、ライム果汁は入っていません。

爽やか。ビアカクテルとしては美味しいです。

ビールの風味には欠けるものの、爽快感や甘みも感じられる。
この辺が評価を二分しました。

【⑫ サッポロ プレミアム アルコールフリー】

●成分(100mlあたり)
エネルギー12kcal
たんぱく質0.1g
脂質0g
炭水化物3.0g
糖質2.9g
食物繊維0~0.1g
食塩相当量0g
その他の表示成分
プリン体 0mg/100ml、機能性関与成分熟成ホップ由来苦味酸 35mg/350ml
プリン体*(mg)0(/100ml)

●原材料名
麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ、酵母/炭酸、酸味料、香料

150ml増量中だったサッポロ プレミアムアルコールフリー。
「コク、ウマ」というキャッチコピーの王道系ノンアルビールです。

苦み、麦感がビールに近いです

コクや旨味というよりは、苦みや麦感が目立ちました。
普段苦みのある芳醇なビールを飲む方は好みの味かもしれません。

【⑬ サッポロ うまみ搾り】

●成分(100mlあたり)
エネルギー7kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物2.1g
糖質1.6g
食物繊維0.5g
食塩相当量0~0.03g
プリン体0

●原材料名
果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、水溶性食物繊維、フィッシュペプチド(アンセリン含有)、大豆ペプチド、大麦エキス/炭酸、香料、酸味料、苦味料、カラメル色素、安定剤(大豆多糖類)、酸化防止剤(ビタミンC)

アンセリンの効果によって「尿酸値を下げる」。
ビール党にとって嬉しいキャッチフレーズで登場したのが、うまみ搾りです。

うまみが良い。発酵のにおいがします。

バランスがとってもいい商品ですが、苦手な人も多かった模様。
ドライ系が多いなかで、旨味の感じられるノンアルでした。

【⑭ 日本ビール 龍馬1865】

●成分/100ml
アルコール分(度数)0.000%
エネルギー12kcal
たんぱく質0.1g
脂質0g
糖質2.9g
ナトリウム0mg
プリン体0mg

●原材料
麦芽・ロースト麦芽・ホップ

プリン体ゼロ、添加物ゼロ、麦芽100%という、かなり本格派のノンアルコールビール。
坂本龍馬が初めてビールを飲んだのが1865年という史実からの命名だそうです。

苦みがあって美味しい。麦の味がします

麦芽100%というだけあり、麦の風味や苦みを感じる本格派なイメージでした。

【⑮ 日本ビール 龍馬レモン】

●成分/100ml
カロリー:19kcal
たんぱく質:0.0g
脂質:0g
炭水化物:4.7g
 糖質:4.7g
 食物繊維:0g
食塩相当量:0mg

●原材料
レモン果汁、麦芽、砂糖、レモン果皮ペースト、ガラクトオリゴ糖液糖、ホップ/炭酸

無骨な龍馬1865から一転して、缶には英字表記されているRyoma Lemon。
麦芽・ホップの他に、レモン果汁や糖質が添加されています。

レモン風味が爽やか。でもビール感はない…。

レモネードのような感じで、ビールの風味を見つけるのが少々難しい商品。
それだけに賛否のハッキリわかれる商品でした。

【⑯ イオン バーリアル 3つのフリー】

●成分 1缶(350ml)当たり
エネルギー6kcal
たんぱく質0g 脂質0g
炭水化物2.1g
糖質0.7g
食物繊維1.4g
食塩相当量0.0g

●原材料
食物繊維(ポリデキストロース)、麦芽エキス、ホップ/炭酸ガス、香料、カラメル色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)、苦味料、甘味料(アセスルファムK)

「安い」でおなじみのトップバリュより、安価なノンアルコールです。
3つのフリー。アルコール・カロリー・糖質がゼロの商品です。

ノンアルとしてはちょうどいい苦みと味わい

やはり総合的な味わいは高評価とはいきませんでした。
しかし、コンビニでも80円台のコスパは魅力。

【⑰ アサヒ ビアリー】

●成分(100ml当たり)
アルコール分(度数)0.5%
純アルコール量(g)0.4g
エネルギー33kcal たんぱく質0.1~0.5g
脂質0g 炭水化物7.4g  糖質7.4g
 食物繊維0~0.2g 食塩相当量0~0.03g
プリン体*6.5mg
賞味期間9ヶ月

●原材料
麦芽(国内製造)、スターチ、麦芽エキス、ホップ、コーン、米/炭酸

微アルコールビールとして注目のビアリー。
当初「微アルなんてどこに需要あるの?」という声も聞かれましたが、ゲームや創作のお供として選ばれているようです。

本当のビールって感じ。アルコールはすごい!

たとえ0.5%でも「アルコールの有無でこんなに違うの?」 という声が多数でした。
他社の微アルが同じクオリティかは別として、概ね好評を得ました。

【⑱ アサヒ ビアリー 香るクラフト】

●成分(100ml当たり)
アルコール分(度数)0.5%
純アルコール量(g)0.4g
エネルギー33kcal たんぱく質0.1~0.5g
脂質0g 炭水化物7.4g  糖質7.4g
 食物繊維0~0.2g 食塩相当量0~0.03g
プリン体*6.5mg
賞味期間9ヶ月

●原材料
麦芽(国内製造)、スターチ、麦芽エキス、ホップ、大麦、コーン、米/炭酸、香料、苦味料

ビアリーの新作「香るクラフト」。
命名通り、ビアリーに香りを足した商品と思われます。

香りがいい。華やかでかなりGOOD!

やはり香りがよく、しかし味も落ちていない印象。
採点にもその辺りが如実に表れています。

【⑲ ヴェリタスブロイ】

●成分表示/100ml
熱量 12kcal
たんぱく質 0.4g
脂質 0.0g 
コレステロール 0mg 
炭水化物 2.5g 
食塩相当量 0.008g

●原材料
麦芽
ホップ
ビール酵母
天然水

ここからは海外産のノンアルコールビールをご紹介します。

ヴェリタスブロイ(VERITASBRAU)は、余計な添加物を含まない“脱アルコールビール”です。
ビールを造ってから、アルコールを抜いています。

独特の香り・酸味がありますね。でも普通に美味しい。

好き嫌いがハッキリ別れ、全体的には振るわなかった印象です。
脱アルコールの味に慣れていないと評価が低くなるのかもしれません。

【⑳ クラウスターラー】

●成分 100mlあたり
熱量26kcal
たんぱく質0.2g
脂質 0g
炭水化物5.6g
食塩相当量0.01g

●原材料
大麦麦芽/ホップエキス・炭酸

クラウスターラー(CLAUSTHALER)はドイツでも最古のノンアルコールビール商品。
「ワールド・ビア・カップ ノンアルコール部門」で金賞を受賞しているそうです。

甘みと、後味にほのかな苦みもあります

豊かな旨味からか、カロリーはノンアルの中では高い方です。
独特の味や、人工的なニュアンスを感じるという声もありました。

【㉑ ビアー・デザミ】

●成分 100mlあたり
熱量23kcal
タンパク質o.5g
炭水化物5.3g
食塩相当量0.2g

●原材料
大麦麦芽、ホップ、糖類、オレンジピール/炭酸、香料、酸化防止剤(アスコルビン酸)

ビアー・デザミは、ベルギーのノンアルコールビールです。
今回唯一の瓶容器。低温低圧でアルコールを抜いた、お値段的には頭一つ抜けている商品です。

余韻の甘さがいい。ベルギービールとして飲めます!

香り華やかなベルギービールの特徴を色濃く残したノンアルです。
酸味が苦手だと少し手こずるかもしれません。

●ノンアルビール ランキング!

以上の味わい採点も踏まえ、ここからは全21種類のノンアルコールビールの中から、「ビールっぽさランキング」「美味しさランキング」「おすすめ度ランキング」を踏まえた『総合ランキング』をご紹介します!

審査員全員による5点満点の星評価です。

第10位!

【サントリー オールフリー】

ビールっぽさ 2.5 美味しさ 2.8 おすすめ度 2.8

総合 ★2.7

健康志向の定番 オールフリー

10位にはサントリーのオールフリーが入りました。さっぱりした飲みやすさが高評価に繋がりました。

ビールっぽさの追求よりも、スッキリ爽快な炭酸と、ライトな味わいを楽しみたい方に好評な定番商品です。

第9位!

【サントリー オールフリー ライムショット】

ビールっぽさ 1.9 美味しさ 3.3 おすすめ度 3.3

総合 ★2.8

ライムの爽快感が癖になる!

ビールリキュールのような、甘みと爽快感のある味わいが賛否を生んだライムショット。

麦やホップの風味を重視しないのであれば、単純に美味しいノンアルビールリキュール感覚で楽しめる一本です。

第8位!

【キリン パーフェクトフリー】

ビールっぽさ 3.1 美味しさ 2.8 おすすめ度 2.8

総合 ★2.9

麦感良でカロリー・糖分ゼロ!

麦の香りと苦みがビール感を醸し出しているパーフェクトフリー。

また、糖分・脂肪分の吸収を抑える「機能性表示食品」であることも、一つの評価となりました。

第8位!

【クラウスターラー】

ビールっぽさ 2.9 美味しさ 3.0 おすすめ度 2.8

総合 ★2.9

ドイツの個性派ノンアルビール

同率の8位は、世界50か国で40年以上ものノンアルコールビール。クラウスターラー。

薄味になってしまいがちなノンアル商品の中で、独特のコクと甘みは好き嫌いの分かれるところとなりました。

第8位!

【日本ビール 龍馬レモン】

ビールっぽさ 2.1 美味しさ 3.4 おすすめ度 3.2

総合 ★2.9

ビール? でも美味しさでランクイン!

今回、もっとも評価が割れたのが、この龍馬レモンだと思います。

知らずに飲めばレモン系リキュール? しかし、確かにビールの風味も感じられます。
ビール嫌いでも飲める商品です。

第5位!

【アサヒ ドライゼロ】

ビールっぽさ 2.9 美味しさ 3.0 おすすめ度 3.2

総合 ★3.0

まさにスーパードライのノンアル版!

ここからはbest5。
すっきり系のノンアルで絶対の存在感を示すドライゼロが5位に入りました。

【おすすめ】
ビールに近くてスッキリ飲める。結局一番美味いのはこれかもしれない! 運動の後なんか本当にゴクゴクいけそう。

色々手を出しても、結局ここに戻る……。そんな方も多いと思います。

第4位!

【ビアー・デザミ】

ビールっぽさ 3.4 美味しさ 3.0 おすすめ度 2.9

総合 ★3.1

ベルギーの高級ノンアルビール

4位にはビアー・デザミが入りました。

【おすすめ】
余韻の甘さや香りが本格ビールのよう。オレンジピールの風味もあり、日本製とは違うベルギービールの味が楽しめます。瓶も可愛いです!

1本600円以上するノンアルビールは特別感がありますが、それだけにコストを考えた時のおすすめ度が少し低かったようです。

第3位!

【日本ビール龍馬1865】

ビールっぽさ 3.3 美味しさ 3.3 おすすめ度 3.3

総合 ★3.3

数少ない純粋系ノンアルコールビール!

日本では数少ない、麦とホップと水のみを使用した龍馬1865。龍馬レモンより上位の3位に入りました。

【おすすめ】
甘み、苦みのバランスが良く、ノンアルコールビールとしての完成度が最も高い商品だと思いました。

実質ノンアルコールビールでは1位となった龍馬1865は、一度試す価値のある商品です。

第2位!

【アサヒ ビアリー 香るクラフト】

ビールっぽさ 4.2 美味しさ 4.3 おすすめ度 4.5

総合 ★4.3

幸せ感じる華やかなローアルコール

0.5%のローアルコールビルが2位にランクインしました。

【おすすめ】
IPAビールのような華やかな香り。軽やかだけど薄さを感じない味わいは驚きでした。禁酒するならこの商品を挟むといいかも。

華やかな香りでビール通を唸らす微アルコール。
今後飲食店にも益々浸透して行きそうな雰囲気を感じます。

第1位!

【アサヒ ビアリー】

ビールっぽさ 4.5 美味しさ 4.3 おすすめ度 4.5

総合 ★4.5

微アル強し! アサヒ ビアリー

堂々の1位に選ばれたのが、ビアリーでした。
香るクラフトよりも、純粋にビール感を味わえるところが勝因となりました。

【おすすめ】
うわあ、美味しい。ラガービールみたい。ノンアルや微アルにありがちな、変なにおいとか、水っぽい感じも全然ないです。

ビアリー強し。
少々アルコールが入っていても、おすすめ度が鈍ることあありませんでした。
それだけ、まだノンアルと微アルには差があるのかもしれません。

しかし龍馬1865のような勢いのあるノンアル飲料があることも事実。

今後も引き続き私たちは、ノンアル・微アル業界をチェックして行こうと思います。

※記事内のコメント・感想は全て個人の感想となります。品質を保証するものではありませんのでご了承ください。

【制作協力】海琳堂:ノンアル飲料審査会

https://ienomi.tokyo/column/non-alc-rank/

WRITERこの記事を書いた人