美味しい低アルコールの日本酒。どんなものがある?

わたしの家飲みスタイル 日本酒を知ろう!
美味しい低アルコールの日本酒。どんなものがある?
家飲み編集部

エディター

家飲み編集部

最近は低アルコールの日本酒が人気となっています。

一般的に日本酒のアルコール分は15度~17度くらい。
ビールや発泡酒が5~6度なので、それに比べると強いお酒といえます。

実は、醸造酒で度数の高いお酒を造れることは日本酒の長所であり、伝統として誇れる部分なんです★

しかし、お酒に強くない方にとっては、日本酒を敬遠してしまう理由にも…。

そこで今回は、今ブームの「低アルコール日本酒」についてお話します!

低アル日本酒人気をけん引する『讃岐くらうでぃ』

↓低アル日本酒特集ページ↓

最近は、飲みやすさと健康面から、低アルコールの日本酒が人気となっています。

日本酒において、低アルコールの定義は大体、13度以下。
ワインと同等くらいまで下がれば「低アルコール」を名乗れます。

もちろん、もっと低いアルコール度数の日本酒もたくさんあります。
それぞれ飲みやすさだけでなく、個性的で面白く、美味しい日本酒揃いです。

それでは『低アルコールで造られやすい日本酒』
の特徴をご紹介していきましょう!

●スパークリング

スパークリングは最もカジュアルな日本酒と言えるかもしれません。

そのため甘口が多く、飲みやすさも求められるので、低アルコール商品が多く揃っています。

華やかでボディの軽いスパークリングは、若い女性を中心に人気!
優しく自然な甘味が味わえる、最も初心者向けの日本酒です。

アルコール度数は、日本酒カテゴリーでも最も低い5~6度が主流です。

アルコール5.5度の純米スパークリング『 OhSplash』

●甘口の日本酒

日本酒の発酵は「並行複発酵」と呼ばれています。
麹菌によってデンプンから分解された糖を、酵母の働きによってアルコールに変化させます。
その発酵を途中で止めることで、
「糖度が高くアルコールの低い日本酒」ができます。

なので、低アルコールの日本酒、特に原酒には甘口が多いですね。

逆に言うと、低アルコールで辛口のお酒を作るのはなかなか難しい…!
味が少なくなり、物足りなさを感じることもあるそうです。

*低アルコールで辛口?*
現在は酒蔵が工夫を凝らし、低アルコールで辛口の商品も造られています。
旨味などをしっかり出すことで味わいを整え、ちゃんと飲み応えもある美味しいお酒の醸造を実現しています。

低アルの辛口『夜の帝王Daybreak』

●加水による調整

日本酒は仕込み水以外でも製造工程で加水を施します。

その目的は主に2つ。

・1つは、
もろみに加水をして落ち着かせ、更なる発酵を促す『追水』

・もう1つは、
絞った清酒に加水をして味わいを調整する『割水』

この割水によって、アルコール度数を調整します。

割水は勿論「お酒を薄くする」のではなく、「味わいを調整する」ものです。
アルコールが低めの原酒に割水をすると、低アルコールの日本酒ができるんですね。

【江戸の日本酒は水で割ってた?】
江戸時代の、特に前期。日本酒のアルコール度数は低かったそうです。
理由は、精米技術の低さ故、酒蔵では「甘くて濃い日本酒」が出来上がったから。
出来上がったお酒のアルコール度数は現代並みに高かったのですが、それを飲みやすいよう倍以上の水で割り売っていたため、そのアルコール度数は5度前後だったとも言われています。
現在は精米技術の発達で過度な加水が必要でなくなりましたが、今でも飲みやすくて美味しい低アルコールの日本酒を造るには、濃い味の原酒に加水を施すのが一つの方法です。

江戸の酒質を再現した『ASOVI』ロックや水割りも美味しい

●特殊な造り方

お酒の作り方によってアルコールが低くなることがあります。

低アルコールに仕上がることで、いま注目されているのが
『酒母搾り』

本来は酒母を使ってもろみを生成するところ、
その酒母自体を搾って造る贅沢な製法です。

酒母搾りは甘みと酸味が特徴で、よく白ワインに例えられます。
そのアルコール濃度は、原酒でも11~12度程度です。

酒母搾りの『shubonne』甘酸っぱいしかわいい…

●まとめ

近年は特に、日本酒は様々なバリエーションが出ており、一口に「低アルコール」といっても様々な好みに合わせることが出来ます。

スッキリから甘口濃厚なものまで揃った低アルコール日本酒のジャンル。
ぜひ自分に合った商品を見つけ出し、楽しんでみてください^^

https://ienomi.tokyo/column/low_alcohol/

WRITERこの記事を書いた人

家飲み編集部

エディター

家飲み編集部

お酒が大好きなライター、アーティスト、編集者、イベンター、フードジャーナリスト、リカーショップスタッフなどなど、お酒を愛して止まない「イエノミスタ」が結成した「家飲み編集部」。それぞれの家飲みの風景や、お酒のセレクト、おつまりレシピなどをご紹介します!... もっとみる