クリスマスに日本酒? スパークリング清酒がオススメ!

わたしの家飲みスタイル 日本酒 “PICKUP” 日本酒を知ろう!
クリスマスに日本酒? スパークリング清酒がオススメ!
家飲み編集部

エディター

家飲み編集部

クリスマスのお酒といえば、シャンパン(スパークリングワイン)が定番。
12月にもなれば、スーパーにもたくさん並んでいるのを見かけます。

でも、

「みんなと被る」
「ほかのお酒も用意したい」
「高いシャンパンは厳しいし、安いシャンパンは恥ずかしい」

そんな風に考える方も一定数いらっしゃいます。

そこで、あるお酒をご提案します。

それは、ずばり
「スパークリング清酒」

ということで今回は、
クリスマスのお酒と、日本酒。
そしてスパークリング清酒についてお話します!

●クリスマスにシャンパンの理由

・シャンパンの上陸

日本にシャンパンが入ってきたのは江戸時代のこと、黒船の来航と共に入ってきたそうです。
意外と歴史が古いですね。

明治時代には政府が国内の西欧化を推進。
それに伴い、ビールやワインなど洋酒の輸入や製造が活発化しました。
しかしそれでもまだまだ日本酒が一般的であり、シャンパン(及びスパークリングワイン)は馴染みのない飲み物でした。

・シャンパンの定着

昭和にはビールが生産量で日本酒を抜き、ウイスキーブームが起こり、バブルが到来。
日本人が好きな「縁起」も良いとされるシャンパンは、社交、祝いの場やパーティーの席などに並びます。
「ドンペリ」も高級酒の代名詞として定着しました。

中世から戴冠式などの場に採用されてきたシャンパーニュのワインは「聖なるワイン」とも言われており、見た目の華やかさもあって、まさにクリスマスのイメージと合致。
一般にも浸透したことで、今や多くの人がクリスマスにシャンパンやスパークリングワインを飲んでいます。

●日本酒とクリスマス

一方で日本酒とクリスマスはなかなか結び付けられません。

「日本酒はクリスマスに合わない」
という感覚も、クリスマスが欧米の文化なので当然といえば当然です。

しっぽり、お正月にコタツに入って飲んでいる方がイメージしやすいですよね。

しかし、
「毎回シャンパンもなあ…」
なんて方も多いはず。
勿論ビールやハイボールでも良いですが、お祝い感や特別感はありません。

みんなでワイワイ楽しめる。
そんなクリスマスのイメージに合う日本酒はないものでしょうか?

●スパークリング清酒とは?

そんなとき、スパークリングの日本酒はいかがでしょうか。

古い歴史を持つ日本酒ですが、
スパークリング清酒の歴史は、シャンパンと比べても新しい文化です。

太平洋戦争前から一部の酒蔵で生産されていたが、長いこと注目されることはなかった。平成以降、消費者の嗜好の広がりとそれに合わせた酒蔵による日本酒の多様な展開の一環として、市場で脚光を浴びるようになってきた。

Wikipedia

スパークリングの日本酒には、大きく2種類あります。
「炭酸ガス含有」の物と「瓶内二次発酵」によるものです。

炭酸ガス含有のものは、一般の炭酸飲料と同じように、日本酒に後から炭酸ガスを注入します。
一方で瓶内二次発酵のものは、シャンパンと同じようにお酒の発酵を瓶内に閉じ込め、自然と炭酸を生成するものです。

どちらが良いというものではありませんが、瓶内二次発酵の商品は技術と手間がかかります。

●注目度を増すスパークリング清酒

スパークリングの日本酒はシャンパンなどスパークリングワインと比較され、
その味わいは、若い人でも気軽に飲めるような、甘口で低アルコールのものが主流です。

手軽ですが正真正銘の日本酒なので、甘味料などの添加物は含まれていません。
上質で健康的、しかもおいしいスパークリング清酒はフランスでも近年注目を集めています。

シャンパンとも違った味わいのスパークリング清酒を持ち寄れば、
少し特別な場を演出できそうですね。

●スパークリング清酒のオススメ

クリスマスにぜひ1本用意したいスパークリング清酒をご紹介します。
ご参考にどうぞ。

【OhSplashシリーズ】

OhSplash(オースプラッシュ)シリーズは、日本酒スパークリング、または日本酒を使用したスパークリングのシリーズです。

海中熟成
リキュール

【ASOVI 粒泡】

北海道は男山、和モダンなラベルのスパークリング清酒。

【雪香 にごり発泡清酒】

島根県の一宮酒造が製造する、にごりのスパークリングです。
手ごろなサイズ。

【大嶺3粒 冬のおとずれ】

大嶺酒造の発泡性うすにごり清酒。
味もデザイン性も洗練された人気商品です。

commeing soon!

また、赤、白、オレンジ、スパークリングなど様々な日本ワイン類も取り揃えています。

https://ienomi.tokyo/column/christmas_sparklingsake/

WRITERこの記事を書いた人

家飲み編集部

エディター

家飲み編集部

お酒が大好きなライター、アーティスト、編集者、イベンター、フードジャーナリスト、リカーショップスタッフなどなど、お酒を愛して止まない「イエノミスタ」が結成した「家飲み編集部」。それぞれの家飲みの風景や、お酒のセレクト、おつまりレシピなどをご紹介します!... もっとみる