にごり酒とは?【種類 飲み方 おススメ&比較!】

日本酒を知ろう!
にごり酒とは?【種類 飲み方 おススメ&比較!】
家飲み編集部

エディター

家飲み編集部

『にごり酒』はお好きですか?

にごり酒は一般的に「濁った日本酒」のことを言います。
もちろん劣化などで濁ったわけではなく、にごり酒として丁寧に造られています。

味わいに深みや複雑みが出て濃厚なものが多く、酒飲みにはたまらないジャンルです。

年始に多く出回りますが、通年で販売されるの商品もあります。
こればかりを飲む『にごり酒愛好家』の方もいらっしゃるくらいです…!

にごり酒は「日本酒上級者」のイメージが強いかもしれませんが、実は「初心者の方にもおすすめ★」
私自身、最初にハマった日本酒はにごり酒でした^^

ということで、そんなにごり酒の製造方法おすすめの飲み方おすすめ商品とにごり度の比較などをしてみました!

にごり酒を集めた特集ページもご覧ください

にごり酒とは?

「そもそもにごり酒って何者?」という方のために、簡単に分かりやすくまとめました。

にごり酒とは…

・清酒である
・澱(おり)が残っている

日本酒(清酒)は主に無色透明の液体です。
しかし、「にごり酒」をよく見ると、瓶の下の方に白い雲のような澱が沈殿しています。

日本酒の他の特徴(スペック)はラベルを見なきゃ分かりませんが、「にごり酒」は一目瞭然。
中には、「ほとんど真っ白!」なんて商品もあります。

そのにごり酒。
にごり具合などでいくつかの定義・種類に分かれます。

※川鶴酒造 讃岐くらうでぃ 純米 にごり※

にごり酒の種類は?

おおまかに、にごり酒には以下のような分類があります。

・一般に言われる『にごり酒』
・火入れをせず、瓶内で醗酵を続ける『活性にごり酒(活性清酒)』
・通常のにごりよりも薄めの『ささにごり』
・更に澱が少ない印象の『うすにごり』

他にも製法の少し違う「澱がらみ」「澱酒」などの種類や、「かすみ酒」など蔵によって独自の呼び方もあります。

・「活性にごり酒」とは?

火入れを行わず、発酵が進んだまま瓶詰されたにごり酒です。

フレッシュで炭酸感があり、開栓時には気を付けないと中のお酒が噴き出してしまいます!
また、保存方法に気を付けないと急速に味わいが変化していきます。
しかし、しっかり冷蔵してその変化を楽しむのも活性にごりの醍醐味です。

・「ささにごり」「うすにごり」とは?

「ささにごり」「うすにごり」とは、通常のにごり酒よりも澱の少ないお酒です。

澱はお米の旨味がダイレクトに出ますが、慣れないと飲みづらいと感じる方もいます。
そういう場合は、うすにごりのお酒がオススメ
クリアな日本酒よりも甘み・旨味を感じやすく、マイルドで飲みやすいですよ。

にごり酒と「どぶろく」は一緒?

にごり酒と似たお酒に「どぶろく」があります。
めちゃくちゃ濃いにごり酒が、=どぶろくです。

…と言いたいところですが違います。
実は「どぶろく」と「にごり酒」には明確な違いがあります。それは「清酒か否か」です。

酒税法上、清酒(日本酒)の定義は

“・米、米こうじ(麹)及び水を原料として発酵させて、こしたもの
1.米、米こうじ、水及び清酒かすその他政令で定める物品[4][5]を原料として発酵させて、こしたもの
2.清酒に清酒かすを加えて、こしたもの”

引用 Wikipedia

とあります。 この「こしたもの」という所がミソで、どぶろくには「こす」という工程が無いので、日本酒とは別のお酒になるのです。

※びわこのくじら 白 純米酒 にごり※

にごり酒は健康的!

味わい以外にも、にごり酒にはオススメの特徴があります。
それは健康面

なぜなら、にごり酒の「澱」は、そもそも「酒粕」です。
酒粕の栄養価の高さは良く知られている所ですが、最近は美容面でも注目されています。
実際、酒粕でフェイスマスクを製造している所も!

そもそも日本酒は他の酒類に比べて栄養価の高いお酒ですが、酒粕の成分が残っている「にごり酒」は更に栄養が豊富。
健康的にお酒をたしなみたい方にもオススメのジャンルなのです。

にごり酒のおいしい飲み方は?

にごり酒は、なんと言っても澱の部分を楽しみたいものです。

混ぜて飲むのが鉄則だとは思いますが、まずは上澄み(透明な部分)のみを味見すると、その日本酒のクリアな味わいが楽しめます。
その後に混ぜて飲むと、その味の違いに結構驚かされます!

1本で2度おいしい飲み方が出来るのも、にごり酒の長所だと思います。

「にごりが濃すぎて飲みづらい」と感じた場合は、ソーダ割りやジンジャーエールなどで割るのもおススメです。これが意外に合います。
是非試してみてください。

※Ohmine3粒 春風かすみ生酒 愛山※

以上、にごり酒のご紹介でした。

いままで日本酒に興味のなかったかたも、これを切っ掛けにちょっと試して頂けたら幸いです。

https://ienomi.tokyo/column/nigorizake/

WRITERこの記事を書いた人

家飲み編集部

エディター

家飲み編集部

お酒が大好きなライター、アーティスト、編集者、イベンター、フードジャーナリスト、リカーショップスタッフなどなど、お酒を愛して止まない「イエノミスタ」が結成した「家飲み編集部」。それぞれの家飲みの風景や、お酒のセレクト、おつまりレシピなどをご紹介します!... もっとみる