『お酒で楽しむ』大人のバレンタイン。お酒とチョコレートの相性は?

わたしの家飲みスタイル
『お酒で楽しむ』大人のバレンタイン。お酒とチョコレートの相性は?
家飲み編集部

エディター

家飲み編集部

バレンタインの季節がやってきました。

一昔前は告白のイメージが強かったバレンタインデーですが、昨今では変化を見せています。

「義理チョコをやめよう」なんてPRが打たれたり、「友達同士で送り合う」「プレゼントの多様化」など、バレンタインの有り方が見直されているのです。

同時に日頃の感謝を示すような意味合いが強くなり、大人がまったりと楽しめる行事に変化しつつあります。

意識していなくても、チョコレートを始めとするお菓子類が集まりがちなバレンタイン。

そんな時期を美味しいお酒で過ごしたい。
「大人のバレンタインの楽しみ方」を考えてみます。

バレンタインデーとは?

バレンタインデーは、3世紀ごろの聖職者「ウァレンティヌス(ヴァレンタイン)」の殉教の日にちなんだ記念日。
当時、ローマで兵士の結婚が禁じられた際、ウァレンティヌス司祭が秘密裏に結婚式を行っていたことで、皇帝の怒りを買い、処刑されたそうです。

所説や込み入った背景もあるそうですが、恋人・パートナーの記念日と言われるのには納得の理由があるんですね。

どんな記念日?

良く知られているように、欧米と日本のバレンタインでは少し違います。
多くの国ではバレンタインに恋人同士が食事、薔薇、そのほか贈り物を、男性から、もしくは男女の決まりなく贈ることが多いようです。

一方、日本で女性から男性へチョコレートを贈る習慣が出来たのは、よく言われるように業界のPR戦略や時代背景がありました。

しかしチョコレートは海外でも定番の贈り物なので、チョコレートやスイーツをわざわざ避けることもないと思います。
そもそも日本人の気質に合っていたからこそ根付いた部分もあるのでしょう。

あまり薔薇などを送る習慣のない日本人にとっては、チョコレートは丁度いい品物なのかもしれませんね。

★薔薇のお酒は『続きを読む』から★

どんなお酒を飲めばいいの?

何はともあれ、この時期、チョコレートを中心としたスイーツの販売が多くなることは間違いありません。
バレンタインの時期だけに販売される限定商品も出回るので、これを楽しまない手はありませんよね?

それを踏まえて《お酒と共に味わう》大人のバレンタインの楽しみ方をご提案します!

・チョコレートのお酒を送る・飲む

チョコレートのリキュールは幾つか販売されています。
スーパーの特設コーナーにもありますが、最近は通販で色々探せますね。
普段はなかなか手の伸ばしづらいチョコリキュールも、バレンタインであれば気軽に試すことができます。

・チョコレートやスイーツにあうお酒を見つける

バレンタインにはいつもよりの特別なチョコレート・スイーツが登場します。
それをプレゼントされたとき、もしくは自分用に購入したときに、合わせるお酒を用意して

・チョコレートカクテルを作成する

もらい過ぎて余ったチョコレートは、自身でカクテルを作るのに活用できます。
作り方は簡単で、
①豆乳や生クリームを温める。
②その中に刻んだチョコを入れ、馴染ませる。
③粗熱を取った後、お好みのお酒をお好きな分量投入。
④冷蔵庫で冷やせば出来上がりです。
※砂糖、ミント、オレンジリキュール、エスプレッソコーヒーなどを入れても良く合います。

おすすめのお酒

手っ取り早く、スイーツに合うお酒を入手したい! という方に、海琳堂Selectionのお酒をご紹介します!

・日本酒

日本酒は意外にもチョコレートと相性が良いお酒。
日本酒には適度な甘みと酸味があり、チョコの味を引き立てます。また、キレイな酒質なのでリセット効果もあります。
丁度いい濃度で、チョコのカクテルに使っても相性抜群。濃すぎたり強すぎたりするのが得意ではない日本人の舌には特にマッチします。

・果実酒

フルーツリキュールはチョコレートと相性抜群です。
中でも真っ先に思い浮かぶのは「オレンジ」
スパークリングの濃厚なオレンジリキュールは、チョコレートをオレンジで包み、炭酸で爽やかさを与えてくれます。
ナッツなどの入った、食感を楽しめるチョコレートにもとても合いました。

・チョコレートリキュール

埼玉にある日本酒の酒蔵『松岡醸造』。看板銘柄「帝松」の、チョコレートリキュールが販売されています。
このリキュールには日本酒が使用され、意外にスッキリとしたタイプ。なので、男性にもおススメの酒です。
ストレートは勿論、ホットミルクで割っても美味しいですよ。

・赤ワイン

チョコレートに合わせるのが難しいワイン。
あわせる場合には、赤ワインが鉄則です。
中でもフルーティーでボリューミー。チョコレートの甘みに負けないワイン選びが、上手く合わせるコツ。『ドメーヌコーセイ401』にはカカオのニュアンスがあり、上手く馴染みます。

チョコレートだけではなく、スイーツ全般に合わせることのできるお酒。

そんなお酒で、バレンタインのスイーツを楽しんでみてはいかがでしょうか?

https://ienomi.tokyo/column/valentine/

WRITERこの記事を書いた人

家飲み編集部

エディター

家飲み編集部

お酒が大好きなライター、アーティスト、編集者、イベンター、フードジャーナリスト、リカーショップスタッフなどなど、お酒を愛して止まない「イエノミスタ」が結成した「家飲み編集部」。それぞれの家飲みの風景や、お酒のセレクト、おつまりレシピなどをご紹介します!... もっとみる